中京圏の大手銀行である名古屋銀行

名古屋銀行で活用できる住宅ローンとその内容

住宅ローンといえば、誰しも一度は利用を検討すると思われる金融商品の1つです。一生に一度の買い物ということもあり、即金で建設費用や購入費用を払うことができる人はなかなかいません。そうなれば、銀行で扱っている住宅ローンを活用して、資金を得るというのが一般的な方法だと思います。

愛知県名古屋市に本拠地を置く名古屋銀行では、様々な種類の住宅ローンを取り扱っています。ローンの対象とできるのは、新築住宅や中古住宅、それに住宅建築を前提とした宅地の取得費用などです。もちろんマンションの購入時にも借り入れができますし、今住んでいる住宅やマンションのリフォーム費用としても住宅ローンを借り入れることができます。

住宅本体の購入費用以外にも、購入や建設に必要な登記手数料、印紙代などの諸費用も含めたり、塀や溝、車庫などの外構に関する費用もローンの対象とすることができます。それ以外では、既に別の金融機関で借り入れている住宅ローンの借り換えをしたい場合でも、名古屋銀行の住宅ローンを利用することが可能です。特にバブル期に借り入れた住宅ローンは金利が高いので、今の低金利時代に借り換えをして月々の負担を軽減しようとする人にとっては、利用する価値のある住宅ローンです。

名古屋銀行の住宅ローンを契約するには、融資開始時の年齢が満20歳から満65歳まで、返済完了時の年齢が満80歳までとなっています。借り入れできる期間は最大35年となっていますので、30代後半の人であれば十分に余裕をもって返済計画も立てられるのではないでしょうか。