中京圏の大手銀行である名古屋銀行

名古屋銀行のライバルたる都市銀行たち

名古屋銀行のライバルと言えば、何と言っても都市銀行です。三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などは、中京圏の経済の中心である名古屋市内を中心に支店を構えて、個人顧客や企業顧客の獲得を目指しています。昨今ではあまり扱うことのなかった住宅ローンを個人顧客向けに積極的に展開し、名古屋銀行の顧客層に食い込んでくる営業姿勢をとっています。

そんな状態の中、名古屋銀行では様々な対応策を講じています。その中の1つは、むしろライバルと手を組むという構図です。都市銀行の中から三井住友銀行と業務提携を行い、ATMの相互開放はもちろん、名古屋銀行の株式の一部を三井住友銀行に譲り、得た資金を自己資本力の強化に充てています。

あと、営業エリアの拡大も名古屋銀行の戦略の1つです。都市銀行たちには資本力ではどうやってもかなわないので、愛知県内では互角の勝負ができればよい、と割り切って営業戦略を見直し、他の地方銀行との競合をむしろ「提携」にすることで、確実に自分たちの営業エリアを確保する方向に営業戦略を見直したのです。スマートフォンの場合はもっぱら照会機能に特化したインターネットバンキングサービスとなっています。

営業エリアの見直しとして代表的な事例でいえば、岐阜市に本拠地を置く十六銀行との提携です。今までは名古屋銀行も岐阜県内に支店を置き、県内の顧客を奪い合う状態が続いてきました。その逆に、十六銀行も愛知県に支店を置き、名古屋銀行とのライバル関係も白熱した状態でした。そこで両行は互いの営業エリアを都市銀行に取られまいと業務提携を行い、愛知県内と岐阜県内にある「エリア外の店舗を相互交換」するなどして、住み分けを行い、顧客の抱え込みを行ったのです。このような関係を維持しつつ、今後も都市銀行の営業策に対抗していくことでしょう。