名古屋でがんばる中京銀行

中京銀行に期待したい今後のサービス

中京銀行の金融商品などを見てみると、正直言って全般的に「物足りない」というのが現実です。特に最近ではインターネットを利用したサービス、ATMを利用する際のサービス、NISAなど投資商品の取り扱いに関するサービスをどの銀行も充実させてきていますが、中京銀行では大半のサービスにおいて「物足りない」気持ちを感じずにはいられません。

インターネットを利用したサービスも「ダイレクトねっと」として実施していますが、他行で取り組みが進んでいる「インターネット専用支店」までのサービスは行っていません。そのためインターネット経由の定期預金契約や、インターネット専用支店ならではの金利優遇策も行っていないので、この部分で他行に遅れを取っています。特にインターネット専用支店がないのは非常に惜しいと言えます。

また、NISAなどの投資商品も取り扱っているものの、インターネットを経由したダイレクト取引ができないこともあり、利用者を伸ばしたくても伸ばせないような現実に陥っているように思います。もう少しインターネットを活用すればもっと顧客が増やせるのではないかと思えてなりません。

ですが、中京銀行にも希望はあります。ATMサービスにおいては業界の先駆者として、ライバル銀行も含めたグループを構成してATM相互無料開放を実現し、顧客を満足させてくれています。ライバル銀行も巻き込んでのこのサービス、この意欲を他の商品にも生かしてくれることを心から期待せずにはいられません。